世田谷区三軒茶屋の吉田一仁税理士事務所へのお問い合わせは 03-6433-5070

節税以上にあなたの手元にお金を残すしくみを提供します!

株式会社?合同会社?メリットとデメリット

起業時の会社設立のポイント

会社設立を考えるときに、どの形態で設立するかは起業時の大きな選択です。

現在の会社法においては「株式会社」「合同会社」「合資会社」「合名会社」などの選択肢がありますが、一般的に選択されるのは「株式会社」か「合同会社」です。

 

どれも一緒では?と思うかもしれませんが、選ぶ会社形態によっては初期費用も維持費用も変わりますし、経営形態にも大きな違いが生まれます。

 

起業を考えている人は、株式会社と合同会社それぞれのメリットを把握し、自分のビジネスに最適な形態を選んで会社設立をするようにしましょう。

 

株式会社のメリット・デメリット

株式会社とは、有限責任の出資者によって成り立つ会社のこと。

大きな特徴は、出資者(資本)と社長(経営)が分離していることで、利益を出資者に分配するという形を取るのが一般的です。

ただ、中小規模の株式会社の場合は、出資者と経営者が同一人物という場合も少なくありません。

 

以前は、株式会社を設立するためにはいくつかの要件(資本金1,000万円以上など)を満たす必要がありました。

しかし、会社法改正以降は資本金要件も撤廃され、一人でも会社設立が可能になるなど、株式会社設立が非常に簡単になりました。

そのため、起業時の会社設立として「株式会社」を選ぶことも十分に可能です。

 

株式会社のメリット

  • 社会的な認知度・信頼度が高い
  • 出資者は有限責任
  • 取締役会を設置しなければ、取締役1人のみで株式会社設立も可能※
  • 株式を発行することで、一般から広く出資を募ることができる

※株式に譲渡制限をつけることで、取締役会の設置が不要になります。

 

株式会社のデメリット

  • 会社設立のコストが高い(定款認証+登録免許税で25万円程度必要。合同会社であれば定款認証不要、登録免許税は6万円)
  • 毎年決算公告の義務が発生し、官報への掲載に6万円ほどかかる
  • 役員には任期(最長10年)があり、必ず改選手続きが必要となる
  • 経営の意思決定は株主総会で行われるため、迅速な意思決定が難しい

 

合同会社のメリット・デメリット

合同会社も株式会社と同じく、有限責任の社員によって構成される会社です。

社員が出資者と役員を兼ねているので、株式会社と比べて小さい企業(スモールビジネス)として展開されることが多いという特徴があります。

 

合同会社のメリット

  • 株式会社と比べて設立コストが低い(定款認証が不要、登録免許税は6万円。株式会社は定款認証と登録免許税合わせて25万円程度必要)
  • 代表社員1人でも設立可能
  • 社員が出資者と役員を兼ねているので、意思決定が迅速
  • 定款の自由度が高い
  • 出資額に沿って利益や権限の配分を設定する必要がない
  • 決算公告の義務がないので、情報公開の手間やコストがかからない

 

合同会社のデメリット

  • 株式会社に比べて規模の小さい企業が多いため、相手先によっては取引に影響がある
  • 社会的知名度・信用度が低いので、採用の際に人材が集まりにくい
  • 社員同士で意見が対立すると、意思決定が滞る可能性がある
  • 社長は「代表取締役」ではなく「代表社員」という肩書きになる

 

株式会社と合同会社を比較して、起業時の会社設立形態を選ぼう

株式会社と合同会社は、節税や社会保険の加入によるメリット・資本金の額などの条件は全く同じですが、その他で細かく違いがあります。

起業するにあたっては、どちらが良いのかしっかり比較した上で会社設立をしましょう。

 

業種や将来展望・資金調達・事業の規模など、さまざまな観点から考える必要があるので、悩まれる経営者も多いはず。

その際は、専門家にアドバイスを求めるのもオススメです。

事業プランに沿ってどちらを選ぶべきかアドバイスがもらえますよ。

起業時は、組織形態以外にも事業内容など考えるべきことがたくさん。

外部専門家の知見も取り入れて、賢く会社設立をしてください。

 

 

世田谷区・目黒区で会社設立・起業をするなら吉田一仁税理士事務所

関連サイト

ページの先頭へ