世田谷区三軒茶屋の吉田一仁税理士事務所へのお問い合わせは 03-6433-5070

節税以上にあなたの手元にお金を残すしくみを提供します!

会社設立したら税理士が必要な場合とその理由

起業・会社設立後に避けられないお金の不安・悩みには税理士の力が必要

会社の経営を始めると、お金に関する不安や悩みから逃れることはできません。

 

「経理業務くらい自分でできるだろう」

「法人税の申告のときに探せばいいよね」

「税理士に頼んで何が変わるの?」

 

と思われる方もいるかもしれませんが、起業・会社設立直後から信頼できる税理士を見つけ、業務をサポートしてもらうことを強くオススメします。

 

なぜなら、専門家である税理士の力を借りることで、コンプライアンス面・節税面・経営の安定面で大きなメリットを得られるからです。

 

もちろん、税理士に支払う報酬は発生しますが、支払った費用は経費計上できますし、何より税務処理に関する時間が大幅に削減できます。

目先のお金ではなく、全体で考えたときにどちらがお得か考えてみてください。

 

理由1:コンプライアンス面で安心できる

個人の確定申告と違い、法人の税務処理は煩雑になります。

あいまいな知識のまま税務処理を行っていると、知らず知らずのうちに違法な脱税をしているかもしれません。

 

何がよくて・何がダメなのか、起業直後の経営者がすぐに判断することは難しいですよね。そんな時、税理士に確認しながら行動できれば間違いは起こりません。

独学するより、知識の習得も早くなります。

 

また、会社設立すると逃れられない「税務調査」のときでも、コンプライアンス面がしっかりできているので不安になることはありません。

税理士がいれば税務署対応もサポートしてもらえますから、安心して税務調査に臨むことができるのです。

 

理由2:税理士の視点で節税アドバイスを貰える

税理士は、税のプロだからこそさまざまな節税の知識を持っています。

自分自身では気づかなかったことも、アドバイスを受けて知ることができます。

 

節税に関しては、知識が全てです。

もし使える節税制度があったとしても、知らなければどうしようもありません。

税務署の職員もわざわざ教えてはくれません。

 

だからこそ、税理士にアドバイスを受けることで、適切な節税対策を講じられるのです。

税理士のアドバイスは、消費税の還付・役員報酬の額・車両購入の時期・保険など、さまざまな角度から節税について考える良い機会となるでしょう。

起業直後から税理士を頼ることで、節税の恩恵を得られるはずです。

 

理由3:経営相談で事業の安定につながる

税理士と顧問契約を結ぶことで、定期的に会社の資金状況を確認してもらえます。

損益や資金繰りの状態把握を依頼すれば、経営者はそのデータをすぐに経営判断に活かすことができます。

 

また、いざ資金調達が必要になったときも、最新の経営状況がすぐに把握できますから、スムーズに融資申請へと動くことができるようになります。

個人で作成した書類よりも、税理士が作成したということで信頼度も増すのもメリットです。

 

起業・会社設立後に税理士に依頼するメリット / デメリットまとめ

 

メリット

  • 経理業務や決算業務から開放され、事業活動に集中できる
  • 自分では気づかない視点で、節税対策をしてもらえる
  • 税務調査が入っても、税理士のサポートが得られる
  • 経営に関する相談ができる
  • 融資を受ける際にバックアップを得られる

 

デメリット

  • 税理士に依頼する費用がかかる(月額顧問料・決算手数料)
  • ※ただし、税理士へ支払った報酬は経費に計上できる

 

このように、税理士の力を借りるメリットはとても大きいもの。

毎月外注費を削って自分で処理することもできますが、慣れない作業にストレスを感じたり、税務署の指摘に怯えたりする時間は非常にムダ。

税務・会計にかかる時間を、本来の事業活動に充てる方が有効な時間の使い方と言えます。

 

時間とお金を効率的に使うために、会社設立・起業したら信頼できる税理士を探しましょう。

 

 

世田谷区・目黒区で会社設立・起業をするなら吉田一仁税理士事務所

ページの先頭へ