世田谷区三軒茶屋の吉田一仁税理士事務所へのお問い合わせは 03-6433-5070

節税以上にあなたの手元にお金を残すしくみを提供します!

老齢厚生年金の繰り下げ支給

代々木公園から15分の税理士・会計事務所、

吉田一仁税理士事務所です。

本日は、老齢厚生年金の繰り下げ支給についてお話したいと思います。

老齢厚生年金の繰り下げ支給とは、65歳以後の老齢年金を受け取ることができる場合に、

65歳からは受け取らず、66歳の誕生日の前日以降に申し出をすることにより、

その申し出をした日の翌月から増額された老齢厚生年金を受け取ることができる制度です。

繰り下げ支給の申し出を行える人は、以下の通りです。

昭和17年4月2日以後生まれの人は、原則、66歳の誕生日の前日以後に

支給の繰り下げの申し出ができます。

ただし、65歳の誕生日の前日から66歳の誕生日の前日までの間に

障害厚生年金・遺族厚生年金等の年金を受け取る権利を有したことがある時は、

申し出ができません。

また、66歳の誕生日以後に障害厚生年金や遺族厚生年金を受け取る権利が発生した場合は、

支給の繰り下げの申し出はできますが、この場合は他の年金が発生した月を基準として

増額率が定められ、繰り下げ加算額が計算されます。

増額された老齢厚生年金は、実際に繰り下げの申し出をした月の翌月から支給されます。

昭和17年4月1日以前生まれの方であって、平成19年4月1日以後に老齢厚生年金を

受けることができることとなった方も、繰り下げの申し出を行なうことができます。

繰り下げ加算額は、原則、65歳時点の老齢厚生年金額を基準として

支給の繰り下げの申し出をした時期に応じて、計算されます。

繰り下げ加算額 = (繰下げ対象額+経過的加算額) × 増額率

繰り下げ対象額は、原則、65歳時点の老齢厚生年金額です。

しかし、65歳以降に厚生年金に加入していた時は、在職老齢年金を適用されたと

仮定した場合に支給される年金額です。

増額率は「繰り下げ月数×0.7%」で、1カ月7%ずつ増額され、

70歳まで5年間繰り下げると最大42%までは繰り下げができます。

ただし、71歳になってから繰り下げ支給の申し出をしても、

70歳到達時の42%の増額率のままであり、70歳に遡っての増額はありません。

ですので、最大の繰り下げを行なう時は、70歳に到達した月の月末までに

手続きをすることが良いでしょう。

ページの先頭へ