10:00~18:00(土日祝を除く)

記帳代行

記帳代行

「もっと本業に集中したいので記帳入力は任せたい」「もし今の経理担当がいなくなったら・・・」とお悩みの個人事業主・中小企業の経営者の方へ

税理士の指導・監督の下、会計・経理のプロフェッショナルが経理業務を効率化

事務作業に注いでいた手間や時間をカットして、利益を生む本業に集中できる

記帳代行が必要な理由

世田谷区・目黒区の中小零細企業の経営者から税理士としてお話を伺っていると、次のような悩みをお持ちの経営者が多いことがわかります。

●記帳入力を経営者本人が行っている場合

  • 現在の顧問税理士は記帳代行を受けてくれない
  • 自計化(自社で会計入力を行うこと)を会計事務所から勧められているが、簿記関連の知識も有していないので、できれば会計事務所に記帳入力を任せたい
  • 本業(経営)に集中したいのに、事務作業にかなりの労力が掛かってしまっている
  • 請求書や領収書の整理やファイリング等に自分の時間を使いたくない

●経理担当が記帳入力を行っている場合

  • 経理担当が産休や休職に入ったり、離職してしまって困っている
  • 現在の経理担当がいなくなったら、代われる人材が一人もいない
  • 経理を補助してくれている身内が、経理関連の作業を辞めたがっている
  • お金まわりの業務を長期的に信用して任せられる経理担当が存在しないので、専門家の力を借りたい

御社では現在、誰が記帳入力作業を担当していますか?
顧問税理士、経理担当、経営者本人、ご家族など・・・
もしくは、今の時点で記帳入力作業に手をつけることができていないなど、色々なパターンがあるはずです。

そもそも、簿記の知識がなければ記帳入力作業を適切に進めていくことはできません。
簿記にあまり明るくない方が記帳入力を行ってしまうと、次のようなトラブルが起きる場合があります。
・違法と思わず、脱税まがいの経理処理を行ってしまう
・税務的に見て、その企業にとって損失となる経理処理を行ってしまう
・小さな誤りが積み重なり、決算の際に一からやり直す必要が出てくる 等

記帳入力作業は手間が掛かりますし、それなりの専門知識がなければ正確に行えない作業であるとも言えます。
ですが、記帳入力作業を安心して頼めるような人材も存在せず、信用して一任できる外注先も存在しないので、結局のところ経営者本人(またはご家族)が記帳入力作業を行っているという企業も多いのではないでしょうか。

また、創業間もない企業についても、記帳入力作業は経営者本人が行っている場合がほとんどです。
ですが、会計ソフトの扱いに慣れておらず、簿記の知識も有していないため、月々の記帳入力作業に対する不安や不満を抱えている社長は多いようです。

当事務所では、そのような中小零細企業の経営者の苦しみを解消し、経営者の貴重な時間を守り、企業が損をすることがないよう適切な記帳入力を実行する「記帳代行」の提供を行っております。

記帳代行で得られる4つのメリット

1.記帳入力作業の手間が省けるので、本業に集中できる

会計帳簿を付けたり・伝票を書いたりするだけでは、売上にはまったく繋がりません。
売上を伸ばすためには、経営者が経営に時間を投資していく必要があります。

当事務所は、記帳代行(会計ソフトへの記帳入力代行)を月々5,000円~で行っております。
これまで記帳入力作業のために使っていた労力や時間を本業のために使うことが可能になるので、今以上に利益を生み出すことができます。

2.手間が一切掛かりません

お客様に行っていただく作業は、基本ありません。
請求書、通帳の写し、領収書、入金情報・出金情報(現金出納帳)をそのままお渡しいただくだけで、総勘定元帳や賃借対照表・損益計算書を代わりにお作りします。

経営者の方が経理作業に時間を費やすことがなくなるので、本業により専念できるようになり、業務効率もアップして生産性も向上するはずです。

3.コストを大きく削減できる

記帳代行を使えば、正社員の経理担当を雇用しなくても良くなるため、人件費コストを大幅に削減することが可能です。
また、会社の状況に応じてサービス範囲は自由に選べますので、ご予算の範囲内で利用していただくことができます。

4.確実・便利・安全

機密情報を100%保護しつつ、会計・経理のプロフェッショナルである当事務所の専属職員が素早く記帳代行を行います。
また、記帳代行は国家資格を持つ税理士の指導・監督の下で進めますので、安全で確実な記帳代行であると強く自負しております。

対象

記帳代行は、下記のような個人事業主・中小企業経営者の方におすすめです。

  • 社内に信用して任せられる経理担当が存在しないので、専門家に一任したい
  • 急遽、経理担当が離職しても困らない、社内の経理体制の仕組みを整えておきたい
  • 事務作業にかかる手間や時間をカットして、本業(経営)に集中したい
  • 月々の厄介な記帳入力作業を外注したい
  • 請求書や領収書の整理やファイリング等も外注したい
  • 経理関連の人件費を大きく削減したい

サービス内容

●概要

記帳代行とは、会計ソフトへの記帳入力作業や証憑書類のファイリングを代わりに実行するサービスです。
定期的に請求書・通帳の写し・領収書等を提出していただき、御社の代わりに会計ソフト(弥生会計)にその取引内容を打ち込み、帳簿作成を代行いたします。
また、部門別管理や月次減価償却の処理等は、ご希望に応じて「記帳代行オプション」として行っております。

1.会計ソフトへの仕訳データ入力

最近では、会計ソフトやクラウド会計を使用して、お客様ご自身で会計帳簿を作成する方も増えてきています。
しかし、起業したばかりの会社や少人数の会社では、経理事務の負担が大きい、あるいは経理担当を雇う余裕はないと考えられている経営者の方も多いと思います。

そこで当事務所では、会計業務のアウトソーシング(記帳代行)を行います。
具体的には、お客様にご用意いただきました現金出納帳・預金通帳のコピー・領収書・請求書などの会計書類をもとに、試算表や決算書の作成などを代行いたします。
同時に、経理業務をシンプルでわかりやすいものにし、効率的な会計システムを構築していきます。

2.証憑書類の整理・ファイリング

「領収書や請求書の整理が苦手」「書類整理の雑務から開放されたい」
「税務調査対策もきちんとしておきたい」

そんなお客様のために、お預かりした領収書・請求書を当事務所で整理し、きれいにファイリングいたします。
書類整理をきちんとしておくことで、しっかりと会計処理していると見られ、税務調査での印象も大きく変わります。

●記帳代行の流れ

1.会計書類の送付

現金出納帳、預金通帳のコピー、領収書、売上請求書、支払請求書、クレジットカードの利用明細、給料明細など、必要な書類を1ヶ月ごとに分けて、当事務所までお送りください。
※必要な会計書類は、お客様によって異なります。

2.記帳入力作業

会計ソフトは弥生会計を使用しています。当社専属の記帳入力スタッフが記帳代行を行います。
また、一緒に領収書や請求書などの会計書類の整理も行っていきます。

3.入力データの二重チェック

当社専属の記帳入力スタッフが、入力データの二重チェックを行います。
二重チェックすることで、入力ミスを最小限に抑えることができます。

4.納品

入力データの確認後、試算表(貸借対照表・損益計算書)及び補足資料をお送りします。
PDFデータなどでの納品も可能ですので、お気軽にご相談ください。

※記帳代行は弥生会計を使用し、仕訳数につきましては仕訳日記帳の行数によって積算いたします。また、元帳につきましては原則、PDFデータでの納品となります。

●記帳代行の詳細

当事務所には2種類の「記帳代行」と、必要に応じて付加できる「記帳代行オプション」がございます。ご都合に合わせて自由に選択してください。

【1】記帳代行入力プラン

記帳代行入力プランは、低料金のプランです。
可能な限り、データで会計情報を共有いただき、現金出納帳などはお客様自身に作っていただきます。
・現金出納帳Excelデータ(当事務所にて提供)に現金の入金情報・出金情報を入力する
・インターネットバンキングの取引明細より通帳CSVデータを取得する
・ビジネス用のクレジットカード利用がある場合には、クレジットカード明細CSVに内容を入力する
・その他、必要な会計資料は個別に郵送する

【2】記帳代行丸投げプラン

記帳代行丸投げプランは、お客様に行っていただく作業がまったくないのが魅力のプランです。
1か月間で起きた取引に関する会計資料をそのままお渡しいただければ、会計ソフト(弥生会計)への記帳入力作業はすべて当事務所が行います。
・取引内容などに不明点がある際には、メールなどにて問い合わせをさせていただくことがあります
・「入力プラン」を選択の場合でも、現金出納帳に不備があったり・提供データに不足があった際には、「丸投げプラン」との差額分の費用を請求させていただくこともございますのでご了承ください。

【3】記帳代行オプション

部門別管理や証憑書類のコピー等、お客様のニーズをできる限り満たせるよう、記帳代行オプションも取り揃えております。記帳代行オプションは、契約を結んでからでも常時ご利用いただけます。

オプション内容
部門別管理部門別管理とは、部門ごとに損益計算書を作成し、それぞれの業績を管理していくことです。
部門ごとの業績や問題点を把握することができるため、それぞれに応じた対策を行なうことができます。
証憑書類のコピー証憑書類をデータで送り、それを当事務所ですべて印刷して会計処理して欲しい場合
月次減価償却月次で減価償却費の計上をして欲しい場合
月次棚卸月次で在庫の棚卸の計上をして欲しい場合
特殊取引特殊な法人・業種の取引に関して、特別な経理処理が生じる場合
次の3つの分類に該当する場合には、特殊取引オプションに該当いたします。
A:薬局・医業・手形取引等
B:建設・国外取引等
C:製造原価・不動産・投資・金融等

料金

記帳代行の費用は、【1】入力プラン(または【2】丸投げプラン)+【3】オプションの合計額となります。
記帳代行には、発生主義(発生主義を期中の月次処理にも採用する)および証憑書類ファイリング(請求書・領収書などのファイリングや整理)の作業がすべて含まれています。

●記帳代行

下記の表は、記帳代行だけをご利用いただく際の月額費用となります。
税務会計顧問など他のサービスと一緒にご契約の場合には、別途セット割引が適用されます。

月間仕訳数【1】記帳代行
入力プラン
【2】記帳代行
丸投げプラン
【3】オプション
部門別管理
10仕訳まで5000円7,000円2,000円
30仕訳まで7,000円15,000円3,500円
50仕訳まで10,000円20,000円5,000円
100仕訳まで15,000円25,000円7,500円
150仕訳まで20,000円30,000円10,000円
200仕訳まで25,000円40,000円15,000円
300仕訳まで35,000円60,000円20,000円
400仕訳まで45,000円80,000円25,000円
500仕訳まで55,000円100,000円30,000円
600仕訳まで65,000円120,000円35,000円
700仕訳まで75,000円140,000円40,000円
700仕訳以降100仕訳ごとに
10,000円プラス
100仕訳ごとに
20,000円プラス
100仕訳ごとに
5,000円プラス

●記帳代行オプション

オプション【3】追加費用
部門別管理上記参照
証憑書類のコピー3,000円~
月次減価償却3,000円
月次棚卸3,000円
特殊取引A:医業・薬局・手形取引など3,000円~
B:建設・国外取引等6,000円~
C:製造原価・不動産・投資・金融等12,000円~

記帳代行の料金は、お客様の月間仕訳数・オプションの有無・ご契約内容・提出資料へのご協力などによって異なります。

よくある質問

Q1:記帳代行の範囲はどこまでですか?

A1:会計資料(支払請求書・売上請求書・通帳の写し・領収書等)をお客様から提出いただいて経理処理を行い、年間損益推移表や試算表、総勘定元帳等をお客様にお渡しするまでが、当事務所の記帳代行です。
また、税務会計顧問をセットでご契約の場合には、決算修正仕訳も決算の際に行います。
そのまま当事務所において税務申告書を作成し、提出代行まで行います。
さらに、記帳代行だけでなくそれ以外のサービスも併用すれば、経理作業は当然として、経理以外の作業もほぼ完全に外注することが可能です。

Q2:請求書や領収書の原本も預けますか?

A2:基本的には、支払請求書と領収書については原本、売上請求書は控え、預金通帳については写しを提出いただいております。そのため、あらかじめコピーして保存していただく必要のある書類もあるかもしれません。
その場合、都度ご要望には可能な限りお応えいたします。

Q3:伝票を特別に書くようなケースはありますか?

A3:原則ありませんが、領収書の存在しない出金(御祝儀等)や現金での売上入金に関しては、入出金伝票が必要となるケースが稀にございます。
また、品名(内容)が不明な領収書等に関しても、品名(内容)などを直に領収書に書いていただいております。

Q4:月々の会計データ・会計資料は、どのようにお渡しすれば良いですか?

A4:会計データ(Excelデータなど)は、基本的にはお客様専用の共有フォルダにアップロードしていただく形となります。また、会計資料(会計帳簿・証憑書類等)については、基本的にはご郵送などでお送りいただく形となります。

Q5:お渡しした請求書や領収書等の返還時期はいつですか?

A5:決算処理が完了するまでは、基本的に当事務所でお預かりいたします。
決算処理が完了しましたら、総勘定元帳および決算書一式等の納品とともにお返しいたします。月ごとの返却が必要なお客様はお声がけ下さい。

Q6:期の中途でも記帳代行の契約は結べますか?

A6:はい、契約できます。試算表・決算書の残高が確定している部分から会計処理を引き継ぎます。
試算表がまったく作られていないのであれば、期の最初から会計処理を行います。

Q7:決算間近まで経理処理をほとんど行っていませんが、何とかなりますか?

A7:1年間の経理処理を一括で進め、それとともに決算書および税務申告書をおよそ30日前後で済ませることも可能です。気兼ねなくご相談いただければ幸いです。

詳細につきましては、「無料個別相談」または「お問い合わせフォーム」に必要事項を入力の上、お気軽にお問い合わせ下さい。