10:00~18:00(土日祝を除く)

お金と時間を無駄にしない経理代行

お金と時間を無駄にしない経理代行

「事務作業に多大な時間と労力を費やしている」「会計・経理作業を安心して任せられる従業員が存在しない」とお悩みの個人事業主・中小企業の経営者の方へ

「納税申告のための会計・経理」から「経営者のための会計・経理」へ

無駄な時間や労力そしてお金をカットし、安心して本業(経営)に集中できる

経理代行が必要な理由

世田谷区・目黒区の中小零細企業の経営者から税理士としてお話を伺っていると、次のような悩みをお持ちの経営者が多いことがわかります。

  • 事務作業に多大な時間と労力を費やしているが、もっと本業(経営・営業)に集中していきたい
  • 会計・経理作業は親族(配偶者や家族)で行っているが、今のままでは良くないと思っている
  • 会計・経理作業を安心して任せられる従業員が存在しない
  • デジタルなどをもっと活用し、会計・経理の効率化の仕組み構築をしたい
  • 経理関連の人件費を大きくカットしたい

ですが、会計・経理作業は時間や労力を要するだけに留まらず、一定以上の専門的知識が必要になる面倒な業務です。ですから、実際には次のようなハードルが存在しています。

  • 会計・経理作業を安心して任せられる信用できる人材がなかなか確保できない
  • 会計・経理作業を不安なく任せられる外注先も見つからない
  • 会計・経理作業の人材派遣は、コストが高過ぎて利用しづらい
  • 経理担当の社員に年間400万~600万円前後の人件費コスト(通勤手当・社会保険を含む)を費やすだけの余裕がない

中小零細企業の会計・経理作業の量を考えれば、実際には経理担当の社員を雇用する程ではない場合がほとんどです。また、もし雇用したとしても多大な人件費が発生するため、費用対効果が合いません。
そのため、ほとんどの中小零細企業では、会計・経理作業の大部分を経営者自らが行ってしまっているのです。

日々営業や本業(経営)にエネルギーを投入しているのに、「会計・経理作業まで自分自身で行う余力はない・・・」と感じられている経営者も多いのではないでしょうか。
また、多忙な中で不慣れな会計・経理作業を行うとミスが増え、後で取り返しのつかない問題を生じさせてしまう恐れもあります。

当事務所では、そのような中小零細企業の経営者の苦しみを解消し、経営者の貴重な時間を守り、企業が損をすることがないよう、経理担当を直接雇用するケースと比較して大幅に低コストでありながらも、安心して本業に集中することができる「経理代行」の提供を行っております。

また、初回の無料相談では「経理効率化コンサルティング」を提供しております。 経理を効率化させることで、大幅なコスト削減・時間の節約、キャッシュフローの見える化、生産性向上など多くのメリットを得られます。

経理代行で得られる4つのメリット

1.時間と労力がかかる会計・経理作業をプロフェッショナルに一任することで、安心して経営に集中できる

お客様に行っていただく作業は、現金出納帳・領収書・通帳の写し・売上請求書・支払請求書などを用意し、お渡しいただくだけです。
御社の会計・経理作業は、会計・経理のプロフェッショナルである当事務所の専属職員が適切に素早く処理いたします。
そのため、経営者は本業に専念できるようになり、生産性が向上して、業務効率も大幅にアップしていきます。

2.経理・総務関連の人件費(年間400万~600万円前後)を大きくカットできる

経理・総務担当の社員を雇用する場合、年間400万~600万円前後の人件費が発生してしまいますが、経理代行をご利用いただくと社員を雇用しなくても良くなるため、人件費が大きく削減できます。
また、外注したい会計・経理の必要な作業だけをピンポイントで活用することで変動費化できるので、大きく固定費をカットすることができます。
会計・経理作業の効率化を追求し続けている当事務所の専属職員が代行することにより、経理担当を直接雇用している場合に比べ、低コストでハイクオリティーな会計・経理作業が可能になります。

3.正確で経営者視点に立った損益・キャッシュフローを素早く知ることができる

経理代行を利用すれば、会計・経理のプロフェッショナルによる正確で経営者視点に立った損益・キャッシュフローを素早く知ることが可能になり、スムーズで効率化された財務管理体制を構築することができます。

4.御社専用の経理マニュアルを会計・経理のプロフェッショナルである当事務所が作成・共有

会計・経理作業は、いつの時代になっても細かくてわかりづらい業務です。
当事務所では、経理代行をご利用いただいているお客様の会計・経理作業をわかりやすく整理し、専用の経理マニュアルを作成・共有するようにしています。
御社専用の経理マニュアルがあることで、誰でもわかる会計・経理作業の仕組みが構築されます。
その結果、今まで経営者自身が行っていた作業を事務パートなどに任せたり、経理担当がコロコロ変わってもスムーズに引き継ぎが行われるので安心です。

「納税申告のための会計・経理」から「経営者のための会計・経理」へ

●お金・時間に余裕のない自転車操業・ラットレース経営

何十年経っても中小企業の7割は赤字のままで、お金・時間に余裕のない自転車操業・ラットレース経営が続いています。
そしてその弊害として、中小企業に関わるすべてのステークホルダー(経営者の家族/顧客/従業員/取引先など)も、おのずとお金・時間に余裕のないラットレース人生を強いられています。

もちろん、そのすべての責任は経営者にあります。
しかし、その経営者の最も身近にいる存在で、経営の意思決定に多大な影響を及ぼしているのは、会計事務所やコンサルタントなどの縦割りスペシャリストです。

私は約20年弱の間に数千人を超えるお金・ビジネスに関する相談に対応してきましたが、縦割りスペシャリストの偏った「縦の情報」の影響で、知らず知らずのうちにお金・時間に余裕のない自転車操業・ラットレース経営になっているケースが多いと気づきました。

社会全体が大きく変わりつつあるこれからの時代を生き抜くためには、縦割りスペシャリストの偏った「縦の情報」だけでなく、きちんと「横の情報」をつなげた横断的な着眼点が中小企業には必要なのです。

●「納税申告のための会計・経理」から「経営者のための会計・経理」へ

納税申告などのやらなければならないタスクに対する会計・経理だけのために、中小零細企業の貴重な時間や労力そしてお金を費やすのは、非常にもったいない経営資源の「消費」です。
経営資源がただ「消費」され続けているから、7割以上の中小企業は赤字のままなのです。

また、上記のやらなければならないタスクに対する会計・経理だけをただサポートしているのが、世の中にある一般の会計事務所です。
正しい納税申告ができるように中小零細企業の会計・経理作業をサポートするのが目的なので、会計事務所の担当は代表者でも税理士でもなく、一従業員でも成立しているのです。

会計・経理は本来、会社のお金の流れを客観的に分析できる貴重な経営数字のベースとなるものです。
その経営数字を上手く活用し、経営者が納得のいく意思決定ができるようにするのが、「経営者のための会計・経理」です。
この場合、中小零細企業の貴重な時間や労力そしてお金の投入は、経営資源の「投資」となります。
中小企業の2割前後が黒字なのは、きちんと経営資源が最適に「投資」されているからなのです。

「納税申告のための会計・経理」から「経営者のための会計・経理」へ着眼点を切り替え、会計・経理を成果(利益)に直結する「投資」に転換するサポートが、「お金と時間を無駄にしない経理代行」です。

吉田 一仁 プロフィール

  • 中小企業の社外CSO(戦略幹部)として、お金を「確保」「コントロール」「生み出す」サポートを三位一体で提供し、経営者に4つの「余裕」をもたらすファイナンシャルコーチ®・税理士。約20年弱の間に、数千人を超えるお金・ビジネスに関する相談に対応。税理士以外に複数の会社を経営する中で、キャッシュフロー経営・低予算でのWEBマーケティングなどを実践。顧問先の9割はWEBサイト経由で獲得。これらの経験から8割以上の成果を生み出す中小企業経営の2割に特化したファイナンシャルコーチング®を開発。また、売上・集客に困らない仕組みを自社で構築・運用できるようになるクロスコンテンツ・マーケティングサロンを主宰。
    > 詳しいプロフィールはこちら

お客様の声

  • caZe uzumaki
    代表 細貝 真吾 様
  • 「吉田さんは当店での最長滞在記録を持っている。 ただのお金や経営のアドバイスだけでなく、ただのビジネスのアイデアでもない。
    お店側からは見えない一般のお客様目線のアドバイスは、大変貴重です。
    吉田さんはその視点から、お店の良いところだけでなく、 気になるところも指摘してくださる存在です。
    ただの仕事だけの関係でなく、お客様としても来ていただいているので、その意見は信頼できます。
    1日8時間もお店にいたことのあるお客様の意見を取り入れない訳にはいきません。」

対象

経理代行は、下記のような個人事業主・中小企業経営者の方におすすめです。

  • 事務作業に多大な時間と労力を費やしているが、もっと本業(経営・営業)に集中していきたい
  • 会計・経理作業は親族(配偶者や家族)で行っているが、今のままでは良くないと思っている
  • デジタルなどをもっと活用し、会計・経理の効率化の仕組み構築をしたい
  • 会計・経理作業を安心して任せられる従業員が存在しない
  • 経理関連の人件費を大きくカットしたい
経理担当が急に辞めてしまい困っている
社員に経理を任せたくない
親族が経理をやっている
経理業務を効率化したい
弥生会計を利用している

サービス内容

●概要

経理代行とは、御社の会計・経理作業を当事務所が代行するサービスです。
会計・経理作業は、すべての会社において発生する重要な業務の1つです。
会計ソフトへの仕訳データの入力、証憑書類の整理・ファイリング、給与計算・賞与計算、振込・支払・税金等の納付、売上請求書の発行・入金管理などは、すべて会計・経理作業に該当します。

そして、この会計・経理作業が正確にできていることを前提として、キャッシュフロー表(資金繰り表)などによる予実管理シミュレーションや金融機関からの融資対応などの財務戦略につながっていきます。
そのため、会計・経理作業の流れをきちんと整備し、社内の財務管理体制を整えておくことは、会社が成長していく上で絶対に欠かせません。

●経理代行の詳細

|記帳代行
  • 「もっと本業に集中したいので記帳入力は任せたい」「もし今の経理担当がいなくなったら・・・」とお悩みの個人事業主・中小企業の経営者の方へ

    税理士の指導・監督の下、会計・経理のプロフェッショナルが経理業務を効率化

    事務作業に注いでいた手間や時間をカットして、利益を生む本業に集中できる

|給与計算代行
  • 「給与計算を正しく行えているかどうか心配」「月々の給与計算を誰かに任せたい・・・」とお悩みの個人事業主・中小企業の経営者の方へ

    提携する社労士と連携し、給与計算・労務手続き・労務相談をワンストップで対応

    給与計算に費やしてきた手間や時間をカットして、利益を生む本業に集中できる

|経理補助代行
  • 「支払・振込や売上請求書の発行・入金管理を誰かに任せたい・・・」とお悩みの個人事業主・中小企業の経営者の方へ

    税理士の指導・監督の下、会計・経理のプロフェッショナルが経理業務を効率化

    支払・振込や売上請求書の発行・入金管理に費やしてきた手間や時間をカットして、利益を生む本業に集中できる

料金

経理代行には、お客様の規模・状況に合わせて「3つの基本プラン」がございますので、ご都合に合わせてお選び下さい。
また、記帳代行・給与計算代行・経理補助代行に関するお客様のニーズをできる限り満たせるよう、オプションサービスもご用意しております。

●3つの基本プラン

スモール 1か月あたり30,000円~ 会計・経理作業を経営者自らが行っている場合には、まずは一部分から外注
本業(経営・営業)に加えて、会計・経理作業も行っている中小零細企業の経営者におすすめのプラン
ミドル 1か月あたり50,000円~
会計・経理作業に加え、振込代行・支払代行や売上管理代行をプラスしたスタンダードな経理代行
記帳代行、給与計算代行、経理補助代行などの基本業務をすべて含んだ経理代行で、従業員10名以下の中小零細企業の経営者におすすめのプラン
ラージ 1か月あたり100,000円~
経理関連の人件費を大きくカット
社内に経理担当の社員がいなくても、会計・経理作業の主要な部分を外注することで、経理関連の人件費を大きくカットすることができます。
社員20~30人くらいの中小零細企業の経営者におすすめのプラン

スモールプラン
サービス内容 標準料金
記帳代行(入力プラン) 月間仕訳数100仕訳まで 15,000円
売掛金管理(入金管理代行) 10件まで 3,000円
買掛金管理(支払管理代行) 10件まで 3,000円
給与計算代行 社員5人まで 5,000円
源泉所得税の納付書作成 15,000円
月額費用 30,000円~ 41,000円

ミドルプラン
サービス内容 標準料金
記帳代行(入力プラン) 月間仕訳数150仕訳まで 20,000円
請求書発行代行 10件まで 10,000円
売掛金管理(入金管理代行) 10件まで 3,000円
振込代行・支払代行 10件まで 10,000円
買掛金管理(支払管理代行) 10件まで 3,000円
給与計算代行 社員10人まで 10,000円
源泉所得税の納付書作成 15,000円
月額費用 50,000円~ 71,000円

ラージプラン
サービス内容 標準料金
記帳代行(入力プラン) 月間仕訳数300仕訳まで 35,000円
請求書発行代行 30件まで 30,000円
売掛金管理(入金管理代行) 30件まで 3,000円
振込代行・支払代行 30件まで 20,000円
買掛金管理(支払管理代行) 30件まで 3,000円
給与計算代行 社員30人まで 30,000円
源泉所得税の納付書作成 15,000円
月額費用 100,000円~ 136,000円

●オプションサービス

|記帳代行オプション(部門別管理)

振込代行・支払代行 追加費用
10仕訳まで 2,000円
30仕訳まで 3,500円
50仕訳まで 5,000円
100仕訳まで 7,500円
150仕訳まで 10,000円
200仕訳まで 15,000円
300仕訳まで 20,000円
400仕訳まで 25,000円
500仕訳まで 30,000円
600仕訳まで 35,000円
700仕訳まで 40,000円
700仕訳以降 100仕訳ごとに5,000円プラス

|記帳代行オプション(その他)

振込代行・支払代行 記帳代行オプション 追加費用
証憑書類のコピー 3,000円~
月次減価償却 3,000円
月次棚卸 3,000円
特殊取引 A:薬局・医業・手形取引等 3,000円~
B:建設・国外取引等 6,000円~
C:製造原価・不動産・投資・金融等 12,000円~

|給与計算代行オプション

給与計算代行オプション 追加費用
初回登録料(新規登録や新たに社員を追加する際に発生) 1人あたり1,500円
勤怠(休日・残業オプション) 1人あたり2,000円
勤怠(労働時間計算オプション) 1人あたり2,000円
特急オプション 10,000円
経費精算オプション 3,000円
総合振込オプション 5,000円
個人別送付オプション 5,000円
仕訳伝票オプション 3,000円

|その他オプション

その他オプション 追加費用
経営者のための税務会計顧問 1か月あたり7,000円~
キャッシュフロー円滑化サービス 1か月あたり35,000円~

経理代行の料金は、お客様の月間仕訳数・オプションの有無・ご契約内容・提出資料へのご協力などによって異なります。

よくある質問

Q1:会計・経理作業の流れをきちんと整備し、社内の財務管理体制を整えておくことが、会社が成長していく上で絶対に欠かせないという理由は何ですか?

A1:理由は大きく分けて、以下の2つです。
1.金融機関からの融資・資金調達額を可能な限り引き上げるため
金融機関からの融資・資金調達がなければ、経営を安定させ、会社を成長させていくことはできません。
そして、金融機関からの融資・資金調達額を可能な限り引き上げるためには、正確で最新の試算表などの提供が欠かせません。
正確で最新の試算表を常に提供していくには、月々の会計・経理作業の整備が絶対です。そして、きちんとした社内の財務管理体制を整えておくことが、金融機関からの評価を良くするための最善策なのです。

2.経営状態を正確に把握していくため
決算間近になって予想を超える利益・損失が出ることが判明し、困ったことはありませんか?
月ごとにきちんと経営数字を集計していけば、最新の経営状態を正確に把握していくことが可能です。
また、売掛金・買掛金の残高も正確に管理していけるので、支払もれや入金もれの確認も容易になり、資金繰りに関しても安心してコントロールしていくことができます。

申込方法

サービス名 「納税申告のための会計・経理」から「経営者のための会計・経理」へ
お金と時間を無駄にしない経理代行
~無駄な時間や労力そしてお金をカットし、安心して本業(経営)に集中できる~
対応者 ファイナンシャルコーチ®・税理士 吉田一仁 > プロフィール

下記の方法でお申込みください。
①お問い合わせフォームより、件名「経理代行を検討」として問い合わせ
②後日、メールにて届く専用WEBページより「無料個別面談」をお申し込み